【PAMM第一弾】業界内屈指の平均月利10%以上の攻撃と安定の両立型

PAMM第一弾アイキャッチ画像自動売買システム
こんにちは、栄一です。
私のブログをご覧いただき、ありがとうございます。

 

この記事では、2022年前半の多くのEAが破綻に追い込まれる相場状況の中、安定して業界屈指の月利10%以上を叩き出しているPAMM(パム)第一弾をご紹介しています。

PAMMは、FX自動売買のうちの一つですが、ご存じない方はこちらの記事をご覧ください。

【MAMとPAMM】というFX自動売買システムの解説
【MAMとPAMM】というFX自動売買システムの解説です。プロトレーダーが、あなたに代わってあなたの資産を運用してくれる便利なシステムです。詐欺もおおいですが、栄一おすすめのPAMMは確かな実績を残していますので、是非チェックしてみてください。

 

このPAMM第一弾は、以下に該当する方におすすめとなっています。

  • 貯金はあるけど、投資が怖くて、安心して増やせる投資方法を探している方
  • 過去に投資詐欺に遭って、投資がトラウマになっている方
  • 積極的に投資にチャレンジしたい方
  • FXに興味はあるけど難しそうなので避けている
  • FXにチャレンジしたけど失敗した

人によって様々な事情があるかと思いますが、この記事でご紹介するFX自動売買のPAMM第一弾は、どんな方にも簡単に取り組める、有益な情報であると確信しています。

2022年1月からの運用開始以来、年利100%超えどころか、想定を上回る好成績半年で元本を2倍にし、そこで元本を出金してノーリスクで運用している参加者もいるほどの案件となります。

ちゃんとしたエビデンスを整理していますので、是非最後までお付き合いください。

 

それでは早速、顧客資産安全第一かつ高月利を維持するPAMM第一弾をご紹介します。

【PAMM第一弾】攻撃と安定トレードの両立を実現

ご紹介するPAMM第一弾の資産運用方針として、「顧客資産の安全第一」を掲げています。

それと同時に想定月利10%以上の設定ですが、2022年1月の運用開始から2022年9月まで平均月利17%を記録し、成功報酬30%差引後の実際に口座に残る金額の平均月利11%と、業界内でも有数の高月利水準で安定した運用を継続しています。

さらにトレーダーにマッチした相場状況では、積極的に爆益を狙うことができており、2022年4月には、月利60%超えを記録しました。

攻撃と安定トレードの両立で、多くの利用者から非常に好評をいただき現在1600人以上が資産運用に活用されています。

 

PAMM第一弾の注目ポイントまとめ

PAMM第一弾注目ポイントをまとめるとこんな感じになります。

  • ゴールドに特化したスキャルピングトレード
  • ポジションの保有時間は長くて7時間
  • 複利運用
  • 5年間の複利運用で元本が23倍になる可能性がある
  • 2022年1月のスタートから平均月利10%以上キープ
  • 開始半年で早くも元本2倍に!既に元本引き出しノーリスク運用中の参加者も
  • 参加費用無料
  • 最低証拠金1万円から参加可能
  • 初回入金のみ30%ボーナス
  • 成功報酬は月利の30%を翌月1日に口座から引き落とし
  • スマホ1台で参加可能
  • 証券会社はFX Beyond
  • レバレッジ500倍
  • 月初3日間のノーポジション期間のみ出金可能

これらの内容をご紹介していきます。

PAMM第一弾にご参加いただくには海外のFX証券会社のFX Beyondの口座開設が必要になりますが、FX Beyondについては、こちらの記事をご覧ください。

↓   ↓

【FXBeyond】の評判、メリット・デメリットなどをご紹介します
【FXBeyond】の評判、メリット・デメリットなどをご紹介しています。私が無料で提供するEAの多くはFXBeyondを利用しています。比較的新しい海外FX証券会社ですが、日本語対応が充実していて、入出金がスムーズなので、問題なくEAを利用していただくことが可能です。

 

PAMM第一弾のトレード手法

PAMM第一弾で採用しているトレード手法についてご紹介します。

プロトレーダーによるゴールドをメインとした完全裁量によるスキャルピングで、ポジションの保有時間は長くても7時間となっており、仮に含み損をかかえても、長く保有して耐えることなく適宜損切でリスクを限定していきます。

各ポジションのリスクリワードは、1~1.5を目安に徹底管理し、想定月利10%以上を目標に、最大ドローダウン比率は30%未満に設定しています。

開発チームが最も配慮している点は、いかにして損失を限定して安定した資産運用を実現するかという点です。

世の中にはいくらでも高月利をうたうシステムはありますが、そのほとんどが一瞬で資金を溶かしてしまうような詐欺なのか、本当のポンコツなのか信用できないものばかりです。

開発チームは、FXを長期的に安定して利用できる資産運用手段にしていきたいという強い思いをもって、複利運用を前提としてPAMM第一弾の安定運用を行っているところです。

安全第一

スキャルピングとは?

今回ご紹介するPAMM第一弾のトレーダーが得意とする、スキャルピングというトレード手法について知らない方のために少しご紹介します。

FXのトレード手法としては、

  1. スキャルピングトレード
  2. デイトレード
  3. スウィングトレード
  4. 長期保有

の4つが有名です。

これらは、主にトレードに要する時間で区別されていて、

  • スキャルピング:数秒から数十分程度
  • デイトレード:1時間から24時間
  • スウィング:数日から長いと数か月
  • 長期保有:1年以上

と一般的に言われていますが、それぞれの境目は厳密ではありません。

このPAMM第一弾のトレード手法は、基本的にスキャルピングなのですが、保有時間が長くて6時間程度なので、デイトレードも混ざった感じで、中にはデイスキャなんて言う呼び方をする場合もあります。

これらのトレード手法には、それぞれにメリット・デメリットがあるのですが、PAMM第一弾スキャルピングを採用した理由としては、相場の急変動に対し、リスクを限定して、利益を積み重ねやすいというメリットがあるからです。

しかし、あくまでそれは、メイントレーダーの技術があってのこと。

スキャルピングは、トレード手法の中でも最も難易度が高く、熟練を要する手法ですが、一度マスターできると、損失を限定しつつ、利益をコツコツ積み上げることができる最強の手法です。

その点、PAMM第一弾では、開発チームの方針とメイントレーダーの技術がしっかりとマッチして、好成績を継続していると言えると思います。

 

PAMM第一弾の参加費用無料・最低証拠金1万円~

参加費無料

PAMM第一弾の参加に関しては、業界でも最高レベルの参加しやすい条件を設定しています。

参加したい方は、無料で参することが可能です。

口座には証拠金が1万円あれば運用を開始することが可能です。

FXをやったことがない、失敗して怖いなど、壁を感じていらっしゃる方も、先ずは1万円を入金していただければ、栄一がおすすめしているPAMM第一弾の実力をご自分の目でお確かめいただくことが可能・・・

で・す・がPAMM第一弾には、初回入金額に対して30%のボーナスが付きます。

ボーナス対象上限金額は100万円なので、100万円初回入金していただくと、30万円がボーナスとしてもらえます。

このブログでも実績については、できるだけわかりやすいように随時アップしていきますので、そこで参加するかしないかをご判断いただき、できるだけボーナスを多くもらっていただくのがおすすめです。

というのも、PAMM第一弾のボーナスはちょっと意味が違ってくるかなと思っていまして・・・

 

PAMM第一弾では初回入金額に対し30%ボーナスあり

ボーナスイメージ画像

PAMM第一弾にご参加いただくと、初回入金額に対して30%のボーナス、上限30万円を付与されます。

だいたい、どこのサービスでもボーナス付きなので特別ではないかもしれませんが、PAMM第一弾だからこそ、ボーナスの多い少ないが、その後の運用に大きく影響します。

というのも、この後のPAMM第一弾の実績をご覧いただければ、実際の実力がお分かりいただけるかと思いますが、2022年1月開始以降非常に安定しています。

一般的なFX自動売買だと、大きな含み損を抱えることが日常茶飯事ですので、ボーナスがあると、逆に元本が吹き飛んでしまう可能性が大きくなることもありますし、最終的にボーナスはもらえるわけではないので、複利運用できるようなシステムでない限りもらっても意味がないとも言えます。

しかし、PAMM第一弾のように最初から複利運用を想定して安定して運用できているシステムの場合、初回入金の30%ボーナスがその後の資金増加に大きく影響してくるんです。

このあと複利運用のシュミレーションをご紹介していますが、5年運用すると元本が23倍になる可能性があるんですね。

下の図でご説明すると、初回に100万円(黄)入金するとボーナス30万円(赤)がもらえて130万円になるので、5年後に23倍の2990万円になると、ボーナスをもらったことによって、運用結果が660万円も多くなるのです。

どうせやるなら、絶対にもらわないと損です。

PAMM第一弾ボーナス説明用画像

 

PAMM第一弾の複利運用が可能

複利のイメージ画像

PAMM第一弾完全裁量トレードのため、複利運用することを基本としています。

かの有名なノーベル物理学者のアルベルト・アインシュタイン博士が言った「複利は人類史上最大の発明」という言葉は聞いたことがありましたが、PAMM第一弾に出会うまで実感が全くありませんでした。

しかし、PAMM第一弾で運用を始め、なんとなくシュミレーションしてみたところ、平均月利10%の複利のとんでもないパワーにただただ驚きました。

 

想定月利10%とご紹介していますが、銀行の定期預金の年利が現在最も高いところで0.3%というのがあるようです。

これに比べて年利でなく、月利にもかかわらず10%がとんでもなく高い数字だというのがお分かりいただけるかと思います。

これは、FXだからこそ可能な破壊力です。

 

この後のシュミレーションでは、仮に100万円を運用して、この想定月利最低の10%を継続できた場合、トレーダーへの報酬所得税を差し引いても、1年間の所得がおよそ114万円になります。

単利運用で84%ですが、PAMM第一弾の場合複利運用していくため、雪だるま式にどんどん利益が膨れ上がっていきますので、年利がなんと114%にもなってしまいます。

銀行の380倍ですよ!

といいつつ、冒頭でもお伝えしている通り、好調のため、半年で元本2倍になってしまいましたので、もっとすごいことになっています!

 

PAMM第一弾を月利10%で5年間複利運用した場合のシュミレーション

参考に、想定最低月利10%で100万円を5年間運用するとどうなるか、トレーダーへの報酬と所得税も考慮してシュミレーションしてみましたので、表とグラフをご覧ください。

月初残高月利益トレーダー報酬収益所得税月末残高
初月1,000,000100,000-30,00070,00001,070,000
2か月1,070,000107,000-32,10074,90001,144,900
3か月1,144,900114,490-34,34780,14301,225,043
4か月1,225,043122,504-36,75185,75301,310,796
5か月1,310,796131,080-39,32491,75601,402,552
6か月1,402,552140,255-42,07798,17901,500,730
7か月1,500,730150,073-45,022105,05101,605,781
8か月1,605,781160,578-48,173112,40501,718,186
9か月1,718,186171,819-51,546120,27301,838,459
10か月1,838,459183,846-55,154128,69201,967,151
11か月1,967,151196,715-59,015137,70102,104,852
1年2,104,852210,485-63,146147,340112,6102,139,582
13か月2,139,582213,958-64,187149,77102,289,353
14か月2,289,353228,935-68,681160,25502,449,607
15か月2,449,607244,961-73,488171,47302,621,080
16か月2,621,080262,108-78,632183,47602,804,556
17か月2,804,556280,456-84,137196,31903,000,874
18か月3,000,874300,087-90,026210,06103,210,936
19か月3,210,936321,094-96,328224,76503,435,701
20か月3,435,701343,570-103,071240,49903,676,200
21か月3,676,200367,620-110,286257,33403,933,534
22か月3,933,534393,353-118,006275,34704,208,882
23か月4,208,882420,888-126,266294,62204,503,503
2年4,503,503450,350-135,105315,245384,3754,434,374
25か月4,434,374443,437-133,031310,40604,744,780
26か月4,744,780474,478-142,343332,13505,076,915
27か月5,076,915507,691-152,307355,38405,432,299
28か月5,432,299543,230-162,969380,26105,812,559
29か月5,812,559581,256-174,377406,87906,219,439
30か月6,219,439621,944-186,583435,36106,654,799
31か月6,654,799665,480-199,644465,83607,120,635
32か月7,120,635712,064-213,619498,44407,619,080
33か月7,619,080761,908-228,572533,33608,152,415
34か月8,152,415815,242-244,572570,66908,723,084
35か月8,723,084872,308-261,693610,61609,333,700
3年9,333,700933,370-280,011653,3591,569,9128,417,147
37か月8,417,147841,715-252,514589,20009,006,348
38か月9,006,348900,635-270,190630,44409,636,792
39か月9,636,792963,679-289,104674,575010,311,368
40か月10,311,3681,031,137-309,341721,796011,033,163
41か月11,033,1631,103,316-330,995772,321011,805,485
42か月11,805,4851,180,548-354,165826,384012,631,869
43か月12,631,8691,263,187-378,956884,231013,516,099
44か月13,516,0991,351,610-405,483946,127014,462,226
45か月14,462,2261,446,223-433,8671,012,356015,474,582
46か月15,474,5821,547,458-464,2371,083,221016,557,803
47か月16,557,8031,655,780-496,7341,159,046017,716,849
4年17,716,8491,771,685-531,5051,240,1794,719,81914,237,209
49か月14,237,2091,423,721-427,116996,605015,233,814
50か月15,233,8141,523,381-457,0141,066,367016,300,181
51か月16,300,1811,630,018-489,0051,141,013017,441,193
52か月17,441,1931,744,119-523,2361,220,884018,662,077
53か月18,662,0771,866,208-559,8621,306,345019,968,422
54か月19,968,4221,996,842-599,0531,397,790021,366,212
55か月21,366,2122,136,621-640,9861,495,635022,861,847
56か月22,861,8472,286,185-685,8551,600,329024,462,176
57か月24,462,1762,446,218-733,8651,712,352026,174,528
58か月26,174,5282,617,453-785,2361,832,217028,006,745
59か月28,006,7452,800,675-840,2021,960,472029,967,217
5年29,967,2172,996,722-899,0172,097,7059,045,42423,019,498
想定月利10%運用シュミレーショングラフ

 

いかがですか? 月利10%の複利運用って、がありますよね。

5年間運用し続けると、初期の100万円が、2千3百万円を超えます

5年で元本が、成功報酬と所得税引いて23倍です。

実際には、普通のサラリーマンの方でしたら、もっと貯蓄に回せるお金があると思いますので、元本を大きくできると考えれば、さらに大きなお金になる可能性があります

 

複利運用でどんどん大きくなっていき、所得税が最高税率の45%に達してしまうと、引かれる額もとんでもなく大きいので、ある程度資金が貯まったところで、他の事業に再投資して、経費計上して税率を抑える工夫など、お金があると違った嬉しい悩みが生まれてしまいますね。

 

それでは、捕らぬ狸の皮算用ばかりではしょうがないので、実際のPAMM第一弾が現在想定月利10%以上を出すことができているのかどうか実績をご覧ください。

安定して想定月利を上回るPAMM第一弾の実績

目標達成イメージ画像

それでは、PAMM第一弾が実際にどの程度の実績を上げているのかをご紹介していきます。

想定月利としては10%なのですが、テスト期間、そして実運用期間も安定して想定月利以上をキープし、相場状況がトレーダーにマッチした時には爆益を叩き出してくれています。

 

テスト期間の実績

こちらは、2021年5月~9月までのテスト期間での実績です。

  • 5月の月利12.1%
  • 6月の月利11.6%
  • 7月の月利11.2%
  • 8月の月利13.2%
  • 9月の月利10.9%

です。

 

2021年5月の成績  +60741円(12.1%)

 

2021年6月の成績  +58070円(11.6%) 

 

2021年7月の成績  +56138円(11.2%)

 

2021年8月の成績  +66454円(13.2%)

 

実運用期間の実績 2022年1月~

ここからは、2022年1月の実際の運用開始以降の成績をご紹介していきます。

この表は、事務局が証拠金100万円でスタートさせた実績データです。

月初残高月利月末残高月利率成功報酬
差引後
11,000,00072,0461,072,0467.20%5.04%
21,072,04666,7041,138,7506.22%4.36%
31,138,750272,8781,411,62823.96%16.77%
41,411,628852,5062,264,13460.39%42.27%
52,264,134144,8662,409,0006.40%4.48%
62,409,000615,3973,024,39725.55%17.88%
71,000,000-158,984841,016-15.90%-15.90%
8841,016198,5151,039,53123.60%16.52%
91,039,531
平均17.18%11.43%

この表のポイントを説明しますと、

  • 運用開始から6か月間連勝
  • 平均すると想定月利10%を余裕で上回る17.18%
  • 成功報酬30%を差引後の平均月利は11.43%
  • 6月末(半年)で元本が2倍以上になり一旦100万円にリセット
  • 7月で初めて負けるもー15.9%に留まる
  • 7月分の損失をわずか1月でプラスに転換

となります。

成功報酬を差し引いても想定月利10%以上を安定して出し続けるPAMMの安定感がわかります。

2022年前半は、大きなトレンドが発生して多くのEAが破綻に追い込まれた期間です。

その中でのこの成績は「スゴイ!」としか言いようがありません。

EAだと、たまたまマッチした相場では爆益を叩き出すのに、相場が変化したら一瞬で破綻なんてことが日常茶飯事です。

ここまでの結果をみると完全裁量PAMM第一弾だからこそ、爆益と安定したトレードの両立が可能になっていることがよくわかります。

 

ここからの画像は、上の表の根拠となる事務局運用のスマホのキャプチャです。

PAMMの口座状況の見方ですが、

  • 証拠金:月間利益合計(1か月間の青い数字の合計)
  • 出金 :月間出金合計(1か月間の赤い数字の合計)
  • 残高 :月利(月間利益合計)

となります。

ちなみに、どの月も月末の月利がわかる末端部分だけのキャプチャなので、本当はもっとたくさんの損益結果が繋がっていることをご承知おきください。

2022年1月

2022年1月実績画像

2022年2月

2022年2月実績画像

2022年3月

2022年3月実績画像

2022年4月

2022年4月実績画像

2022年5月

2022年5月実績画像

2022年6月

2022年6月実績画像

2022年7月

2022年7月実績画像

2022年8月

2022年8月実績画像

 

それでは、この安定感あるトレードを行っている、メイントレーダーの情報をご紹介しておきます。

PAMMの安定実績を叩き出すトレーダー

トレーダーイメージ画像

メイントレーダー本人ではありません

トレードスタイルは、スキャルピングを得意とし、相場のボラティリティやその時期特有の変動を把握しつつ、柔軟にスタイルを変化させながら攻撃的ながらも損失を限定して安定感あるトレードが魅力です。

元は、社会人トレーダーとして活躍しながら、利確、損切ラインを常に徹底管理したトレードを行い、過去の勝ちパターン、負けパターンを検証し、独自の投資スタイルを確立し、その後専業トレーダーになりました。

専業トレーダーに転身後は、安定感ある独自の手法が業界内で高く評価され、多くのファンドからオファーを受け、ファンドトレーダーとしても活動しています。

得意な通貨ペアは、ゴールド、EUR/USD、GBP/USD、などで、トレード歴は7年です。

 

PAMM第一弾の概要おさらい

それでは、ここでもう一度PAMM第一弾の概要をおさらいしておきます。

  • ゴールドに特化したスキャルピングトレード
  • ポジションの保有時間は長くて7時間
  • 複利運用
  • 5年間の複利運用で元本が23倍になる可能性がある
  • 2022年1月のスタートから平均月利10%以上キープ
  • 開始半年で早くも元本2倍に!既に元本引き出しノーリスク運用中の参加者も
  • 参加費用無料
  • 最低証拠金1万円から参加可能
  • 初回入金のみ30%ボーナス、上限30万円
  • 成功報酬は月利の30%を翌月1日に口座から引き落とし
  • スマホ1台で参加可能
  • 証券会社はFX Beyond
  • レバレッジ500倍
  • 月初3日間のノーポジション期間のみ出金可能

 

PAMM第一弾のメリット・デメリット

メリットイメージ画像

それでは、ここで栄一が考えるPAMM第一弾のメリット・デメリットを簡単に整理していきたいと思います。

メリット

メリットを考えたのですが、PAMM第一弾を基準に考えると、色々ありすぎてごちゃごちゃしてしまいました。

  • ハイリスクハイリターンが常識のFXで安定して運用できている
  • 半年で投資元本が確保でき、引き出せばあとはノーリスクで運用可能
  • 9割が敗退するFXの世界で、勝ち馬に乗ることができる
  • 普通に働けば、老後の心配が無用になる
  • 住宅ローンを運用で得た資金で賄える
  • 子供の教育を充実させることができる
  • 我慢せずにいろんなところに旅行に行ける
  • 欲しいものが買える
  • 新規事業を始めることができる
  • 転職して、ストレスのないもっと楽な仕事ができる
  • 転職して夢の実現に向けて歩みだせる
  • 銀行で眠っているお金でお金を稼ぐことができる
  • FXを全く知らない初心者でも年利100%を狙える
  • 簡単、ほったらかしでOK
  • お金の心配が減り、家族や恋人との時間を大切にすることができる
  • 投資が楽しくなる
  • 人生が楽しくなる

 

デメリット

PAMM第一弾のデメリットを考えましたが、あまり思いつきませんでした。

  • 投資なので、損をする可能性がある
  • あまりにも簡単にFXで儲かってしまうので、裁量トレードの練習をする気がなくなる

 

PAMM第一弾のQ&A

Q&Aイメージ画像

それでは、多くの質問の中で、主なものをご紹介しておきます。

Q、FX初心者で何もわからないのですが、PAMM第一弾に参加できますか?

もし参加されるのであれば、指定のリンクからFXBeyondの口座開設するときに、必要事項の入力、運転免許証の裏表、運転免許証を持った自撮り、住所証明書類の4枚の写真のアップロードと、口座への入金(銀行振り込みで可)と、スマホにMT4をダウンロードする必要がありますが、マニュアル運営サポートLINEもあるので大丈夫かと思います。

FXに関しては、特に何もする必要はなく、入金額に応じて自動的に運用されますので、2022年1月の開始当初から運用されている方は、ほったらかしで6月には資金が2倍になっていました。

 

Q、PAMM第一弾に参加して失敗しませんか?

投資なので絶対失敗しないとは言えませんので、参加は自己責任でお願いします。

開発チームは、過去の多くの失敗例から学び、極力リスクを限定するPAMM第一弾をスタートさせました。

その結果、多くのEAが破綻する2022年前半の相場状況でも攻撃と安定を両立したトレード結果を出すことができました。

現時点で、これほど安定して、しかも高い利率で複利運用できる投資商品は見たことがありません

開始当初から参加していただいた方の中には、半年で元本が2倍になったタイミングで元本分を引き出し、現在実質ノーリスク状態で運用されている方も多数いらっしゃいます

エビデンスをご覧いただきつつ、参加費無料で証拠金1万円から運用できますので、是非あなたの目でお確かめください。

 

Q、PAMM第一弾に参加して5年間運用して絶対に元本23倍になりますか?

投資なので絶対とは言い切れません。

しかし、お陰様でスタート以降順調な運用ができており、今後もトレーダーを中心とした開発チームは想定月利10%(成果報酬30%差引前)を維持し、ご参加いただいた皆様に心から喜んでいただけるよう努力していきますので、是非ご期待ください。

 

PAMM第一弾の参加方法

スタートイメージ画像

それでは、PAMM第一弾の参加方法をご紹介します。

①    FXBeyond口座開設

下記のリンクからFXBeyondの口座開設をお願いします。

PAMM第一弾を利用するためにFXBeyondの口座開設をする

口座情報は下記のとおり入力してください。(デフォルトのままでOK)

  • 口座タイプ:Standard
  • 基本通貨:JPY

 

FXBeyondの口座開設手順等はこちらをご参照ください。

FXBeyondのマニュアルを見る

  • 口座開設方法
  • 入金方法
  • 本人確認書類提出方法
  • MT4ダウンロード方法
  • 出金方法

のマニュアルとなっています。

 

②    栄一の公式LINEをお友だち追加して口座開設の連絡

口座開設ができましたら、下の栄一の公式LINEをお友だち追加していただき、案内に従って口座の情報を入力してください。

リンクから正しく口座開設が行われているかを確認をさせていただきます。

LINE登録画像02

 

③    入金&PAMM第一弾公式LINEご招待

口座開設が無事完了しましたら、1万円以上の入金をお願いします。

初回入金額に対して30%がボーナスとして付与されます。

また、PAMM第一弾公式LINEアカウントにご招待させていただきますので、そちらでも案内に従って

  • 氏名(漢字)
  • 氏名(フリガナ)
  • メアド
  • 口座番号
  • 入金金額
  • 紹介者:栄一

をLINEしていただけますようお願いいたします。

公式LINEでは、各ツールの実績、ボーナス情報、新サービス情報などを提供しています。

PAMM&MAM公式サポートLINE画像

PAMM&MAM公式サポートLINE画像

 

④ PAMM第二弾の運用状況をスマホで確認

③まで完了しますと、自動的に運用が開始され、ほったらかしで資産が増えていきます。

あなたがやることはスマホで資産状況を確認するだけですので、その方法を下記でご紹介します。

PAMMのトレード結果をスマホで確認する方法
この記事では、PAMMのトレード結果をスマホで手軽に確認する方法をご紹介しています。私はiPhoneキャリアなのでその説明になっていますが、是非参考にしてください。

 

⑤ 出金について

出金についても口座開設と同じマニュアルをご参照ください。

FXBeyondのマニュアルを見る

また、以下の注意点をご承知おきください。

  • ボーナスは、出金すると消滅してしまいます。
  • 出金は、月始めのノーポジション期間のみ可能です。
  • PAMM第二弾公式LINEで出金期間の連絡があります。

 

PAMM第一弾まとめ

PAMM第一弾のご紹介をご覧いただきありがとうございます。

投資なので、利益を保証することはできませんが、現在、非常に安定して想定月利10%超の成績を叩き出すことができています。

巷には、月利50%以上をうたったEAが溢れていますが、このPAMM第一弾のように急激な相場変動に対応できませんし、一旦EAとマッチしない相場になると一気に破綻してしまいますので、複利運用など絶対にありえません。

 

現在、開発チームとしては、いかにFXで安心安全に利益を得るかに重点を置いています。

安定した運用ができれば、複利運用が可能となるからです。

月利10%は、その辺のEAと比べると見劣りしてしまうかもしれませんが、複利運用できるPAMM第一弾の破壊力は凄まじいパワーがあります。

この記事でご紹介した通り、100万円を5年間運用すると2300万円を超えてしまうのです。

開発チームは、PAMM第一弾と一緒に運用することで、リスクヘッジできるPAMM第二弾を作りました。

是非、こちらもご覧ください。

【PAMM第二弾】守備力強化の超安定型&月利5%以上で複利運用
PAMM第二弾は、第一弾よりも守備力を強化した超安定型で、想定月利5%以上で複利運用可能となっています。想定ドローダウンを15%以下に設定することが可能となり、第一弾と同時運用することで、「攻撃」と「守備」のリスクヘッジにより、FXを多くのユーザー様の資産運用に安心してそして楽しくご活用いただけるものと確信しています。

そして、PAMM第一弾第二弾を活用して、FXでほったらかしで当たり前のように利益を得る豊かな生活をお楽しみください。

 

と言っても、いろいろ専門用語とか出てきて、難しい部分もあったかと思いますので、わからないことがあれば、下の栄一のLINE登録をして、とりあえず何度も聞いてみてください。

お問い合わせお待ちしています。

LINE登録画像02

 

最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました